ディルドオナニーとは?



ディルドというのは、バイブの項でも説明したとおりなんですが、
バイブのような電動式ではなく、ただの張り型になっているものをディルドというんですね。
つまり、ただの棒ともいえます。

大きいやつだと中で痛いこともあるそうですから、購入時には注意が必要です。
オナニスト女子でも、膣内に異物を入れるのは抵抗があるらしく、やはりローターや電マの方が人気があるみたいですね。
そんな中でもこれを買うのは、相当エロい女性といえるでしょう。
クリイキだけでなく、中イキもできるということですから。。
もし男性で、彼女に使ってあげたい! という方は、大きさに注意して購入してくださいね。


コンドームを付けてするほうが安心



ディルドを使用する際は、ゴムを付けてするといいみたいです。

一つは衛生的だということ。
二つ目に洗浄が楽だということ。


やっぱり、異物を中に入れるわけですから、きれいな状態でないと、もしかしたら雑菌が入るかもしれませんからね。
変な菌が入りますと、女性器はとてもにおいますから、注意が必要です^^;
ひどいものだと並のにおいじゃないですからね^^;
あと、オナニー後はなんだか動くのも面倒くさくなりますから、
後片付けが楽な方がいいですよね。
なので、ゴムをつけてすれば、イッたあとは、ゴムをはずせばいいだけです。
ちょこっと愛液がついていたりしたら、それを拭くだけ。簡単ですね。


置き型のディルド



ディルドでも、付け根側が土台のようになっているものもありますよね。
あれは、その面を下にして固定することで、ディルドが天空にそそり立つことになります。
そしてそこに腰を沈めることで、騎乗位感覚のオナニーができるというわけです。
要は、ディルドは固定しておいて、腰を揺すってオナニーするわけです。

これに特化したディルドが、その土台の部分に吸盤がくっついたディルドです。
吸盤でディルドを完全に固定することで、手で抑えておく必要がないわけですね。
だからもう、両手を振り回して、思う存分騎乗位オナニーができるわけです。
しかも、上級者(?)になりますと、壁にディルドを固定して、そこに四つん這いになってディルドを差し入れます。
そうすると後背位を模したオナニーが可能となる
わけです。

私はうぶだったころ「本当に四つん這いオナニーなんてする淫乱女はいるのか?」なーんて
いぶかしんでおりましたが、世の中ってエロいんですよ^^
そんな女の子は腐るほどいるみたいです^^;
世間のディルドの売れ行きが物語っていますよね^^;

だって、ディルドを買うとして、男が女のために買うのであれば、吸盤付きはいりませんから。
吸盤付きを買うのは、オナニスト女子だけです!


腰使いがうまくなる



このことからわかるのは、ディルドオナニストは腰の動きがうまいということです。
もし、あなたが彼女とセックスをしたときに、やたら巧みな腰使いをしていたら、彼女はディルドオナニーをしています。
家捜しをしてみてくださいwww


お菓子などで代用する子も



何も購入してディルドを使う人ばかりではありませんww
中にはなんと、マジックインキを挿入してオナニーをする子もいます。
子供の頃に図画工作で使っていた物でオナニーするなんて、卑猥すぎますねwww
小学生のころに、マジックでオナニーに目覚めた子もいるでしょうねwww

ほかには、最近だとお菓子のぷっちょですよね。これも有名です。
ぷっちょにコンドームをつけて挿入する子は、結構多いみたいですよ。
あれは球体のような形が複数固まった団子三兄弟みたいな形になっていますから、
あの独特の形がまた気持ちよいのかもしれませんね。


ディルドの堅さ



実は女の子って、ちんこの長さよりも太さや堅さを重視するらしいです。
長くても、奥に入ったら痛いだけという場合もあるらしいですね。
一方、太くても、きつくて。。。という女性も少なくありません。
しかし、堅さに関しては、堅いにこしたことはないみたいですwww
堅いと、グッと強く突かれている感じがあるんでしょうね。
刺激が強いのだと思います^^
その点、ディルドは堅いですからww
人間のチンポが負ける可能性もなきんしもあらずですね^^;


当サイトのディルドオナニー動画はこちらから

架空請求や、嘘のウイルス汚染警告ページにご注意。絶対に無視しましょう。

 カテゴリ
 タグ
None